クイックスタートガイド管理者向けPadlet for Schoolsへようこそ!

Padlet for Schoolsをご利用いただき、ありがとうございます。Padletに登録し、使い始める方法をご紹介します。

もっと包括的なガイドが必要ですか?こちらの記事をご覧ください。

ビデオをご覧になりたいですか?このビデオでは、以下のすべてをカバーしています。

1.アカウント登録

最初のステップは、Padlet for Schoolsアカウントにサインアップすることです。すでにPadletアカウントをお持ちの場合でも、このリンクからPadlet for Schoolsにサインアップしてください:

すでにPadlet for Schoolsアカウントをお持ちの場合は、正しくセットアップする必要があります!

このステップで最も重要なのは、Padlet for Schools ドメインを選択することです。つまり学校がPadletにアクセスするために使用するURLを決めることになりますアカウントの所有者であるあなたは、組織設定を通して、いつでも組織名とPadlet for Schoolsドメインを変更することができます。このステップでは、あまりストレスを感じないでください!

2.シングルサインオンを有効にする

メールとパスワードだけでログインさせたい場合は、このステップを省略できます。

ダッシュボードから、画面右上のアカウント名 >設定>組織情報をクリックして、組織設定を開きます。

サードパーティログイン(別名シングルサインオンまたはSSO)を有効にすることをお勧めします。サードパーティログイン」の隣にある鉛筆のアイコンをクリックして、GoogleMicrosoftClassLinkのいずれかのプロバイダーを選択します。プロバイダを選択すると、下にオプションが表示されます。

学生をアカウントに追加する場合、「学生 アカウントを自動的に作成する」をオンにすることをお勧めします。この機能を有効にすると、あなたのメールドメインを持つ人がPadlet for Schoolsドメイン(fakeschool.padlet.orgなど)にアクセスし、Google/Microsoft/ClassLinkでログインをクリックすると、自動的に学生アカウントを割り当てます。生徒が先生と異なるメールドメインを持っている場合、「代替メールドメイン」フィールドに追加することができます。

変更は自動的に保存されます!

シングルサインオンの詳細については、こちらの記事をご覧ください。

3.ユーザー権限の設定

デフォルトのパーミッションを使用したい場合は、このステップをスキップすることができます。

Padlet for Schools アカウントには4つの役割があります:オーナー(あなたです!)、管理者、教師、生徒です。オーナーとすべての管理者複数可)は、あなたのアカウントの先生と生徒の権限を調整することができます。

ステップ2に従った場合、これらの設定にアクセスするために許可をクリックしてください。ステップ2をスキップした場合、ダッシュボードからページ右上のアカウント名 >設定>アクセス許可をクリックし、アクセス許可の設定を開きます。学生」と「教師」を切り替えて、それぞれの役割のアクセス許可を設定します。

教師用の'デフォルトプライバシー'設定を以下のように調整することをお勧めします:

  • 組織のみ -生徒がライセンスを取得する場合、非表示にします。
  • 生徒がライセンスを取得しない場合は、「秘密」に設定します。

デフォルトの訪問者許可」を次のように変更することをお勧めします:

  • 生徒が通常教師のパッドレットに投稿する場合、「ライター」に変更することをお勧めします。
  • 生徒が通常読むが、教師用パドレットに投稿しない場合、「リーダー」に変更することをお勧めします。

推奨されるパーミッションの詳細については、FAQをご覧ください。

4.コンテンツの安全設定をカスタマイズする

Padlet for Schoolsの管理者にとって、もう一つの非常に重要な機能は、セーフティネットによってモデレートされるコンテンツのカテゴリをカスタマイズできることです。セーフティネットは、パッドレット上で安全なコンテクストと安全でないコンテクストをフィルタリングするためのプログラムです。

コンテンツの安全設定をカスタマイズする方法はこちらをご覧ください

5.ユーザーを追加する

最後のステップはユーザーを追加することです。ダッシュボードの右上にあるアカウント名をクリックし、ユーザー管理ページにアクセスします。

先生を追加するには、招待リンクを使用することをお勧めします。招待リンクにアクセスするには、[新しいユーザーを追加] > [招待 リンク]をクリックし、先生リンクをオンに切り替えます。リンクをコピーし、Padlet for Schoolsを利用する先生に配布してください。ユーザーがこのリンクをクリックすると、教師ライセンスが割り当てられます。

生徒を追加するには、SSOによる自動アカウント作成を利用することをお勧めします(上記ステップ2を参照)。

その他のユーザー追加方法については、こちらの記事をご覧ください。

これで完了です!

ユーザーを追加したら、作業は完了です!ライセンスユーザーは、既存のPadletをインポートし、新しい学校アカウントですぐにPadletの作成を開始することができます。

ユーザーがpadlet.comではなく、fakeschool.padlet.orgのように、ステップ1で選択した独自のURLからPadletにアクセスしていることを確認してください。

Padlet for Schools アカウントのセットアップについてご不明な点がございましたら、お問い合わせください。


How did we do?


Powered by HelpDocs (opens in a new tab)