ようこそ、Padlet for Schoolsへ!

新しいPadlet for Schoolsアカウントへようこそ!

ビデオをご覧になりたいですか?このビデオでは、以下のすべてをカバーしています。

Padletとは?

Padletは、Padletを作成、使用、共有できるソフトウェアです。Padletは、考えを共有し、整理するためのビジュアルボードです。美しいPadletがどのようなものか見たい方は、こちらをご覧ください!

Padlet for Schoolsとは何ですか?

Padlet for Schoolsはクローズドなエコシステムです。あなたの学校は、誰がメンバーになれるか、各メンバーがどのような権限を持つかを管理します。Padletを作成・共有できるプライベートスペースへのアクセスを許可する独自のリンクからログインします。

Padlet for Schoolsを実際にご覧になりたい方は、デモをご請求ください!すでにPadlet for Schoolsが適していることがお分かりの場合は、ここをクリックしてお見積もりを入手してください!

Padlet for Schoolsアカウントへのアクセス

重要:padlet.com からは、Padlet for Schools アカウントにアクセスできません。.org で終わる独自の Padlet for Schools リンクを使用する必要があります。

学校用Padletアカウントには、あなたの組織独自のリンクからアクセスします。このリンクは、<yourschoolsubdomain>.padlet.org の形式となります。例えば、あなたが School of Rock で教えている場合、schoolofrock.padlet.org でログインします。このリンクはあなたのアカウントの管理者から提供されます。

管理者はあなたが使用するログインオプションを選択します。オプションにはパスワードログインとGoogle、Microsoft、Classlinkによるシングルサインオンがあります。

アカウントメンバーの管理

Padlet for Schoolsアカウントの管理者は、生徒と教師の追加と削除を行い、メンバーを管理します。あなたがメンバーの追加や管理を行うかどうかは、組織の管理者に相談してください。

すでにPadletアカウントを持っています。Padlet for Schoolsにコンテンツをインポートするには?

既存のアカウントからPadletをインポートするには、Padlet for Schoolsアカウントにログインし、ダッシュボードの右上にあるアカウント名をクリックし、インポートを選択します。

次の画面の指示に従って、新しいPadlet for Schoolsアカウントをお楽しみください。

インポートツールを使ってPadletをインポートする場合、個人アカウントからPadletをコピーする(両方のアカウントにコピーがあるようにする)か、転送する(個人アカウントから完全に削除して学校アカウントに置く)かを選択できます。

Padletをコピーする:URLが変更されます!これらの小冊子を埋め込んだり、共有したりする場合は、再度埋め込んだり、共有したりする必要があります。

パドレットを転送する:元のURLは自動的に新しい場所に転送されます。

パドレットのインポート方法については、こちらをご覧ください。

パドレットの使用

フォーマットの選択

パッドレットを作成するときに最初に決めることは、フォーマットを決めることです。パッドレットのフォーマットによって、投稿がどのように配置されるかが決まります。ウォール、グリッド、キャンバスのフォーマットでは、1つの大きなキャンバスに多くの投稿を一度に見ることができます。TimelineとStreamフォーマットでは投稿を順番に並べることができ、Mapフォーマットでは投稿を地理的に配置することができます。

キャンバスを除く各フォーマットでは、投稿をセクションでグループ化することができます。セクションはウォールフォーマットで特に便利で、セクションは縦の列を形成し、整理に最適です。

このドキュメントの下のほうで、教室のパッドレットの例を見ることができます。

パッドレットへの投稿

テキストやファイルを掲示するパッドレットは、考えを共有したり整理したりできるビジュアルボードです。テキストだけでなく、あらゆる種類のメディアファイルをパッドレットに投稿することができます。

YouTubeのリンクをパッドレットに投稿すれば、再生可能です。ドキュメントは読むことができる。つぶやきも見ることができます。手書きで画像を描いたり、AIでパッドレットを作成したり、画面を録画したり、GIFを検索したりできます。

著者とタイムスタンプと投稿フィールド

パドレットの設定タブの '投稿'セクションで、'作者とタイムスタンプ'を切り替えて、作者名を表示したり、投稿にカスタム投稿フィールドを利用できるようにすることができます。

作者とタイムスタンプ作者とタイムスタンプ'の隣にある'表示'をクリックすると、パッドレットに投稿した人の名前が投稿の上に表示されます。投稿のタイムスタンプも表示されます。これは投稿者がアカウントにログインしている場合にのみ有効です。この設定が有効で、ログインしていない人が投稿した場合、その投稿は匿名になります。

投稿フィールド投稿フィールドをクリックすると、投稿コンポーザーで学生が利用できるさまざまなオプションをカスタマイズしたり、ユースケースに合わせてカスタムフィールドを作成したりすることができます。投稿フィールドについての詳細はこちらをご覧ください。

コメントとリアクション

設定メニューのエンゲージメントセクション(⚙️)では、コメントと リアクションを有効にすることができます。

コメントコメントを有効にすると、パッドレットにアクセスできる人なら誰でも投稿の下にコメントを残すことができます。これは、学生が投稿を変更することなく、パッドレット上の情報に対して懸念を示したり、フィードバックを提供したりするのに良い方法です。

リアクションこの設定は楽しく、パッドレットユーザーが交流し、異なる方法でフィードバックを提供することができます。リアクションの種類には、星評価、サムズアップまたはサムズダウン、採点、「いいね!」などがあります。

コンテンツモデレーション

設定パネルの「コンテンツ」セクションで、「モデレーション」の隣にあるドロップダウンメニューをクリックして、パッドレットに投稿される内容をどの程度コントロールしたいかを選択できます。モデレーション設定の詳細についてはこちらをご覧ください。

学生の追加と権限の決定

あなたの学校は学生にアカウントを与えることができます。あなたの学校が学生にアカウントを与える場合、パドレットの設定で投稿の帰属をONにすることができます。この場合、どの学生がどの投稿をしたかを確認することができます。そうでない場合、投稿は匿名として表示され、誰が何を投稿したかを確認するために、学生に投稿の身元を確認する必要があります。

学生がアカウントを持っていて、投稿の属性がオンになっている場合、投稿はこのように表示されます:

学生がアカウントを持っていない場合、誰がどのような投稿を行ったか確認したい場合、投稿する前に学生本人に確認する必要があります。こんな感じです:

あなたの学校では、生徒が自分でパッドレットを作成することができます。この場合、生徒が自分でパッドレットを作成し、投稿する活動を行うことができます。例えば、共有パッドレットへの投稿だけで自己紹介をさせる代わりに、各生徒に自己紹介を作成させ、そのパッドレットを共有パッドレットに投稿させることができます。こうすることで、学生はパッドレットが提供するすべての可能性を使って、包括的な自己紹介を作成することができます。

生徒がアカウントを持つかどうか、生徒がパッドレットを作成できるかどうかについては、アカウントの管理者に相談してください。

パッドレットの共有

さまざまなオプションがあります。パッドレットを共有する最も簡単な方法は、パッドレットのURLをコピーして貼り付け、配布することです。また、QRコード、Eメール、その他の方法でも共有できます。すべての共有オプションは、パッドレットのアクションバーで「共有」矢印を選択すると表示されます。

パッドレットを共有および公開する方法の詳細については、こちらをご覧ください。

LMS経由での小冊子の共有

URLや埋め込みコードでパッドレットを共有するだけでなく、CanvasやMoodleなどの主要なLMSとの統合も可能です。あなたの学校や地区がLMSにPadletを統合している場合、LMSから直接Padletを課題として追加することができます。あなたの学校がLMSにPadletを統合していない場合でも、LMSでPadletを共有することができます。LMSにPadletを追加する方法については、こちらの記事をご覧ください。

パッドレットのプライバシーとアクセス情報

教室で使用するPadletを作成する際は、必ずプライバシー設定を行う必要があります。Padlet for Schoolsアカウントの管理者は、新しいPadletのデフォルトプライバシー設定を設定することができます。管理者は、プライバシー設定を制限することもできますが、ほとんどの場合、あなたのパッドレットのプライバシー設定を決定することができます。以下は可能なすべてのプライバシーオプションです:

シークレット- このパッドレットは一般公開されません。リンクを持つ人だけがアクセスできます。

  • このオプションは最もプライバシーを保護します:あなたと、あなたがリンクを教えた人だけがパッドレットにアクセスできます。他の人とパッドレットを共有したい場合は、あなたのPadlet for Schoolsアカウントでライセンスが必要で、個別に招待する必要があります。
これは、ほとんどのPadletの標準的なプライバシー設定です。リンクがあれば、誰でもパッドレットにアクセスできますが、誰もパッドレットを見つけることはできません。シンプルで簡単です。

秘密 - パスワード- このパッドレットにアクセスするには、パスワードの入力が必要です。訪問者はPadlet for Schoolsアカウントのメンバーに限定されません。リンクとパスワードがあれば、誰でもこのパッドレットにアクセスできます。

  • このオプションは、機密情報を含む可能性のあるパッドレットに最適です。

オーグのみ- 組織内のログインしたメンバーだけがパッドレットにアクセスできます。

  • このプライバシーオプションは、組織内のすべての人に自分のパッドレットを見つけてもらいたい場合に最適です。
組織のみのプライバシー設定を選択した場合、組織のダッシュボードにパドレットを表示するかどうかも決定する必要があります。このオプションをオンに切り替えると、組織内の誰でもダッシュボードであなたのパッドレットを見つけることができます。

また、パッドレットへの訪問者の権限もコントロールできます。訪問者があなたのパッドレットのリーダーライターコメンターモデレーター管理者のどれになるかをコントロールし、パッドレットとの関わり方を決定します。パッドレットへのアクセスを一切許可しないこともできます!

リーダー」は、あなたのパッドレットが停滞した情報を提示するように設計されている場合に最適です。訪問者のアクセス許可」をリーダー」に設定すると、ユーザーはパッドレットのすべてを見ることができますが、資料を変更することはできません。

Commenter」は投稿に対するフィードバックを収集したい場合に最適なオプションです。この権限を持つユーザーは、これらの機能が有効になっている限り、コメントを作成したり、投稿に反応したりすることができます。

Writerは、学生に共同作業や投稿をさせたいパッドレットに最適です。

採点付き課題の提出を収集するためにパッドレットを使用する場合、「ビジター許可」を 使用して期限をコントロールすることができます。例えば、学生に正午までに質問に対する答えを投稿させたい場合、「閲覧者のアクセス権」をライターに設定し、正午に閲覧者に変更することで、期限を過ぎた新しい投稿を追加することができなくなります。

他の教師または管理者と一緒にパッドレットを作成していて、パッドレット全体を管理させたい場合、「モデレーター」/「管理者」は良いオプションです。

注意: パッドレットで共同作業するユーザーを招待する場合、それぞれのアカウントにこれらの権限を適用することができます。

組織ツール

Padletには、整理整頓を重視する場合に便利なツールもあります。

ブックマーク: 記録しておきたいPadletがあれば、ブックマークしてプロフィールに保存することができます。また、ブックマークした小冊子をフォルダで管理することもできます。

パッドレットの埋め込み別のパッドレット内にパッドレットを投稿して、興味のあるパッドレットを管理することもできます。このコンセプトはセントラルウォールと呼ばれ、パッドレットのコレクションを共有することができます。こんな感じです。

教室の例

Padletはフレキシブルなツールで、様々なエクササイズ、アクティビティ、レッスンを無制限に行うことができます。以下は、教室でのPadletの最も一般的な使用例です。

KWLチャート:3つのセクションで壁を作り、学習プロセスをマッピングするKWLチャートを作ります。

→ 例

グループディスカッション:共有ウォールやグリッドパドレットを使って、生徒の考えを整理してまとめる。

→ 例

学習ガイド:どんなファイルタイプでもパッドレットに投稿できます。この機能を活用して、PDFファイル、画像、テキスト、ビデオなどを一箇所に集めた総合的な学習ガイドを作成しましょう。

→ 例

スライドショーを使った講義プレゼンテーションPadletにはスライドショーという機能があり、ワンクリックで美しいプレゼンテーションを作成することができます。Slideshowは、生徒がクラスのためにスライドショーを作って発表する簡単な方法であり、PowerPointにうんざりしている先生には最適なオプションです。詳しくはこちらをご覧ください。

→ 例

事前/事後評価:2つのセクションを持つ壁を使用して、レッスン前後の知識のギャップを視覚化します。

→ 例

毎日のスケジュール:タイムラインやストリームパドレットを使って、1日のスケジュールを可視化し、1日をスタートさせます。

→ 例

今まで行った場所マップパドレットを使って、教室にいる全員の移動履歴を視覚化しましょう。

→ 例

教室の掲示板:雑多な考えやアイデアを、長期的に共有するクラス用パッドレットに集める。

→ 例

高度な整理整頓-セントラルパドレット:パッドレットを整理しておくには、セントラルパッドレットが便利です。お気に入りのPadletを1つのセントラルPadletに投稿することで、Padletを管理することができます。セントラル・パドレットの中に他のセントラル・パドレットを入れ子にすることもできます。このウサギの穴はどこまでも続いています!

→ 例


How did we do?


Powered by HelpDocs (opens in a new tab)